CROSS TALK

クロストーク

“NGワード”なしのぶっちゃけ座談会です

パワーハウスの社員がホンネで語る

パワーハウスの社員同士がホンネで語るクロストーク!
NGワードなしのぶっちゃけトークになっていますのでぜひご覧ください!

『新入社員のホンネトーク』2019年入社

TALK MEMBER

『新入社員のホンネトーク』2019年入社)

リフォームアドバイザー

永田 諒士

(2019年入社)

『新入社員のホンネトーク』2019年入社)

リフォームアドバイザー

菊川 莉央

(2019年入社)

『新入社員のホンネトーク』2019年入社)

設計

西山 大貴

(2019年入社)

『新入社員のホンネトーク』2019年入社)

リフォームアドバイザー

石井 孝鎮

(2019年入社)

パワーハウスの好きなところは?

interview
永田
社員全員本当に仲がいいことです!かつて私が就活をしていたころ、社員同士の仲がいいとアピールする会社は多くありましたが、説明会や面接などの段階では本当なの?と思うことが多かったです。
ですがパワーハウスは最初から仲がいいことがすぐに伝わりました。入ってみて想像よりずっと仲がいいと驚いたことは今でも覚えております。
菊川
社員皆さんの人柄・雰囲気が好きです。どんなに小さな事でも親身になって一緒に考えてくれ、私たち新入社員を全力で支えてくれる上司・先輩方ばかりです。
皆さん独自の仕事の進め方・考え方がそれぞれあり、熱く議論になることもありますが、人任せにせず取り組む姿勢が好きです。
西山
会社内の雰囲気がいいところです。
石井
皆が気さくで優しいところです。
分からないことや何かあったら親身になって相談に乗ってくれます!!

入社前と後でギャップはある?

永田
仕事は想像より難しく、また営業もアルバイトの時とはまったく違い大変ですが、その分やりがいも自分が思った以上にあり、お客様に感謝されることの喜びはとてもうれしいものです。
飲食や物売りの営業とは全然違う、住まいの営業は、お客様それぞれの住まいがあり、生活があり、こだわりがあります。
それを知りつつ、暮らしがより豊かになるようにする仕事がこんなにもやりがいがあるんだと思いました。
菊川
入社前から、社内ですれ違う方々が笑いながら会話している場面をよく拝見しており、社内の雰囲気がすごく良いな、と感じておりました。そこにギャップは一切ありませんでした!!入社前に参加したもちつき祭りのイベントも、何をするにしても笑顔な方が多く、また一人一人、一つ一つの仕事に積極的だな、との印象を持ちました。
業務内容は、リフォーム工事の流れに沿って行うだけ、と簡単に考えておりましたが、実際にやらせて貰うと、当然建築知識もなく、バイトでも経験した事の無い営業という立場で、すぐに覚えるべき事・やるべき事が多く、かなり大変な仕事だな・・・・・と入社前の想像を超えました。しかし、知識・経験は当然あとからついてくるものなので、今では知識が無いから…とは悩んでいません。それよりもお客様への気持ち、前向きな気持ちの方が大切だと認識しています。
西山
設計は営業同行するものだと思っていたが、あまりそれはせずに、オフィスにいること!
石井
学生と社会人ここのギャップは最初ありましたが徐々に慣れてきました!
仕事内容は大変なこともありますが部署全体でフォローする体制があるのに驚きました。(社会人に冷たい人イメージを持っていました...)
interview

パワーハウスに入社の決め手は?

永田
私自身、就活の際は3つのポイントを決めておりました。それは会社の雰囲気、仕事の内容、そして福利厚生です。パワーハウスはそのポイントすべてがとても良く、また歴史ある会社でお客様を大切にしているのが凄く伝わったからです。就活生の皆さんも会社選びの条件は色々決めていると思いますが、迷ったときはその中でも特に大事にしているポイントを絞ってみてはいかがですか?私は4社で迷った中で3つのポイントに絞って、そこからパワーハウスを選びました。
菊川
私は、人の生活に寄り添った仕事がしたいという軸を持って就職活動を行っていました。パワーハウスの厳選された施工基準で間違いのない工事を行い、一度でも工事をして頂いたお客様へのアフターフォロー、というブレのない体制と、会社の方針に全員が同じ方向を向いて行動していましたので、私も一緒に頑張りたいと思いました。最後の決め手は、やはり会社の雰囲気です。選考を通して社内の雰囲気を見ていましたが、本当に笑顔が多い会社だと思いました。
西山
インターンシップに参加した時、会社の雰囲気が良く、その後の面接なども他の会社ではなかった面接で面白い会社だと感じました。
石井
元々建築の専門学校だったので建築関係には決めていたのですがインターンシップに行かせていただき建築の会社の中でも体制や社内の雰囲気がいい意味で違うなと思い入社致しました。

採用試験をどう感じた?どの臨んだ?

永田
人事の方だけではなく、社長と面接ができ、色んなことが話せたのが凄く印象に残っています。
よく聞かれるような質問だけでなく、ちゃんとこちらの話を聞いてくださっていると思いました。私自身、パワーハウスの試験を受けている時期はいろんな会社の一時試験を受けている最中でしたので、会社がごちゃ混ぜにならないように気を付けていました。
パワーハウスは説明会の時から僕たちの話をしっかり聞いてくださる印象だったので、しっかり自分の考えを伝えようと思って臨みました。
菊川
志望動機など他企業で聞かれて来た事はほとんど聞かれず、趣味の話しなど自分自身のことをたくさん聞かれ、知ってくれようとしているんだな、と感じた覚えがあります。
他の企業と同じように事前準備はしていましたが、それよりも社員の方と話すのがシンプルに楽しくて、準備していたカンペ通りには話せませんでした(笑)
西山
2次面接での営業ロープレ体験がとても印象に残っています。ロールプレイングゲームみたいに気楽にできて、緊張感がほぐれていい経験になりました。 緊張せず、気楽に臨めました!
石井
事前にどう質問されてもいいように準備はしていました。
実際に面接になると緊張で考えていた内容を忘れてしまいました(笑)

今後の目標は?

永田
リフォームの仕事は奥が深く学ぶこともいっぱいで入社して1年目ではまだまだ覚えなきゃいけないことがたくさんです。早く1人前になること!それが今の目標です!
菊川
成約率70%を目指します。商品・工事知識の無さ、お客様目線の足りなさ、クロージング力の足りなさなど、まだまだ成約率が低い原因がたくさんあります。
しかし、数字ばかりを追いかけるのではなく、お客様の安心できる暮らしの為に行動することを徹底し、かつ営業成績も伸ばしていきたいです。
西山
設計として図面を書ける力、現調時に正確な寸法取りができるようになる力、そして社会人2年目として恥ずかしくないような言葉使い、礼儀・マナーをしっかり身に着けていけたらなと思っております!
石井
いろいろなリフォームを経験してどんなお家のお困りごとも解決できる営業マンになることです!!!